引っ越しの挨拶

引っ越しの挨拶

引っ越す際に、近隣への挨拶は、どこまでの範囲で、いつ頃行えば良いのか、どのような物を渡せば良いのか迷う方も多いでしょう。特に何かで決まっているわけではないのですが、一般的な内容として、挨拶の範囲は、アパートやマンションなどの集合住宅の場合、両隣と上下の階の方、大家さんに挨拶をすれば問題ないでしょう。一軒家の場合は、両隣とお向かい、斜向かいと町内会長さん、借家の場合は大家さんなどに挨拶するようになります。いつ頃挨拶に行けば良いのかについては、引っ越しの騒音で迷惑を掛けることも考えて、できれば2日前から遅くとも前日までには、挨拶に行っておいた方が良いでしょう。引っ越し先の挨拶については、当日の引っ越し業者が入る前に行っておくのが好ましいですが、難しい場合は遅くとも翌日までに行っておきましょう。

 

一番難しいのは挨拶の品です。金額的には高すぎても良くないので、一般的には500円から2,000円程度の品が良いのですが、何を渡すかについては、貰う人の好みもあります。お菓子なども良いのですが、やはり好みでない物を貰っても困りますので、相手の好みを知らない場合は避けた方が良いでしょう。入浴剤であれば、貰って困るという方も少ないですし、値段的にもちょうど良い物が売っていますので、渡すものに困った時は、入浴剤を検討してみても良いでしょう。